すさまじい人気のロレックス 6265

世界ブランド「ロレックス」の中でも唯一のクロノグラフウォッチであるデイトナモデルはエクスプローラーやサブマリーナーなど様々なラインナップがある中、このデイトナの人気の高さは群を抜いています。このデイトナモデル第3世代にあたる「ロレックス 6265」が登場したのは1970年で、歴代のデイトナの中でも手巻きデイトナとしては最終モデルとなるため、ヴィンテージウオッチとしてすさまじいほどの人気を得ています。

「ロレックス 6265」のムーブメントは、クロノグラフの名門であるバルジュー社製の手巻きムーブメントキャリバー72を基本にロレックスが改良を加えたキャリバー727が搭載されています。また、スクリューロック式のプッシュボタンがねじ込み式のプッシャーを採用したことで、防水性能は50mまで向上しています。更に、当時の最新テンプ耐震装置のキフ・ウルトラフレックス機構も搭載したことにより衝撃にも強くなったことから、「ロレックス 6265」は手巻きクロノムーブ最高傑作とまで呼ばれ、ダイヤルにデイトナで初めて「OYSTER」の文字が表記されています。

ちなみに、中古買取市場ではノンオイスターより格段に値段が高く、特にハリウッド俳優であり、レーサーとしても活躍した故ポール・ニューマンが愛用したことから「ポールニューマン・ダイヤル」とも呼ばれる逸品は、市場プレミアム価格として500万円以上の値段がつけられるほどです。